ゆゆのブログ 

Entries

「国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡」全文

転載OKということなので

↓ こちらから

http://kosugihara.exblog.jp/23896599/

転載させていただきました。

「国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡」です。

多くの団体が反対を表明していますが、

「プライバシー制約の恐れ」と国連までもが懸念表明しました。

みなさんも広めてください。


【全訳きました!】国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡を送付

国連プライバシー権に関する特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏による、安倍首相への共謀罪法案を懸念する書簡送付の件について続報です。

海渡雄一弁護士から、国連プライバシー特別報告者からの書簡の解説と全文訳が届きました。「拡散希望です。ブログやフェイスブックに転載自由です。私のFBにも掲載しました」とのことです。



----------------------------------------------

2017.5.20
国連プライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏による日本政府に対する質問状について(解説)
           
             海渡 雄一(共謀罪NO!実行委員会)


国連プライバシー権に関する特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏が、5月18日、共謀罪(テロ等準備罪)に関する法案はプライバシー権と表現の自由を制約するおそれがあるとして深刻な懸念を表明する書簡を安倍首相宛てに送付し、国連のウェブページで公表した。


書簡の全文は次のところで閲覧できる。
http://www.ohchr.org/Documents/Issues/Privacy/OL_JPN.pdf


 書簡では、法案の「計画」や「準備行為」、「組織的犯罪集団」の文言があいまいで、恣意的な適用のおそれがあること、対象となる277の犯罪が広範で、テロリズムや組織犯罪と無関係の犯罪を多く含んでいることを指摘し、いかなる行為が処罰の対象となるかが不明確であり刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとしている。
 さらに、共謀罪の制定が監視を強めることになることを指摘し、日本の法制度において、プライバシーを守るための法的な仕組み、監視捜査に対する令状主義の強化や、ナショナル・セキュリティのために行われる監視活動を事前に許可するための独立した機関の設置などが想定されていないことを指摘している。また、我が国の裁判所が、警察の捜査に対する監督として十分機能していないとの事実認識を示している。
 そのうえで、政府に対して、法案とその審議に関する情報の提供を求め、さらに要望があれば、国連から法案の改善のために専門家を派遣する用意があることまで表明している。
 日本政府は、この書簡に答えなければならない。
 また、日本政府は、これまで共謀罪法案を制定する根拠として国連越境組織犯罪防止条約の批准のためとしてきた。同じ国連の人権理事会が選任した専門家から、人権高等弁務官事務所を介して、国会審議中の法案について、疑問が提起され、見直しが促されたことは極めて重要である。
 日本政府は、23日にも衆議院で法案を採決する予定と伝えられるが、まず国連からの質問に答え、協議を開始し、そのため衆議院における法案の採決を棚上げにするべきである。そして、国連との対話を通じて、法案の策定作業を一からやり直すべきである。


----------------------------------------------


プライバシーに関する権利の国連特別報告者 ジョセフ・ケナタッチ氏
共謀罪法案について安倍内閣総理大臣宛の書簡全体の翻訳


 翻訳担当 弁護士 海渡雄一・木下徹郎・小川隆太郎(質問部分の翻訳で藤本美枝弁護士の要約翻訳を参照した)


 国連人権高等弁務官事務所
 パレスデナシオンズ・1211ジェネバ10、スイス
 TEL:+ 41229179359 / +41229179543・FAX:+4122 917 9008・EMail:
 srprivacy@ohchr.org


プライバシーに関する権利に関する特別報告者のマンデート

参照番号JPN 3/2017

2017年5月18日

内閣総理大臣 閣下


 私は、人権理事会の決議28/16に基づき、プライバシーに関する権利の特別報告者としての私の権限の範囲において、このお手紙を送ります。


 これに関連して、組織犯罪処罰法の一部を改正するために提案された法案、いわゆる「共謀罪」法案に関し入手した情報について、閣下の政府にお伝え申し上げたいと思います。もし法案が法律として採択された場合、法律の広範な適用範囲によって、プライバシーに関する権利と表現の自由への過度の制限につながる可能性があります。


 入手した情報によりますと次の事実が認められます:


 組織的犯罪処罰法の一部を改正する法案、いわゆる共謀罪法案が2017年3月21日に日本政府によって国会に提出されました。


 改正案は、組織的犯罪処罰法第6条(組織的な殺人等の予備)の範囲を大幅に拡大することを提案したとされています。
 手持ちの改正案の翻訳によると、新しい条文は次のようになります:


6条
(テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画)
次の各号に掲げる罪に当たる行為で、テロリズム集団その他の組織的犯罪集団(団体のうち、その結合関係の基礎としての共同の目的が別表第三に掲げる罪を実行することにあるものをいう。次項において同じ)の団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を二人以上で計画した者は、その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたときは、当該各号に定める刑に処する。ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。


安倍晋三首相 閣下
内閣官房、日本政府


 さらにこの改正案によって、「別表4」で新たに277種類の犯罪の共謀罪が処罰の対象に加わることになりました。これほどに法律の重要な部分が別表に委ねられているために、市民や専門家にとって法の適用の実際の範囲を理解することが一層困難であることが懸念がされています。


 加えて、別表4は、森林保護区域内の林業製品の盗難を処罰する森林法第198条や、許可を受けないで重要な文化財を輸出したり破壊したりすることを禁ずる文化財保護法第193条、195条、第196条、著作権侵害を禁ずる著作権法119条など、組織犯罪やテロリズムとは全く関連性のないように見える犯罪に対しても新法が適用されることを認めています。


 新法案は、国内法を「国境を越えた組織犯罪に関する国連条約」に適合させ、テロとの戦いに取り組む国際社会を支援することを目的として提出されたとされます。しかし、この追加立法の適切性と必要性については疑問があります。


 政府は、新法案に基づき捜査される対象は、「テロ集団を含む組織的犯罪集団」が現実的に関与すると予想される犯罪に限定されると主張しています。
 しかし、「組織的犯罪集団」の定義は漠然としており、テロ組織に明らかに限定されているとはいえません。
 新たな法案の適用範囲が広い点に疑問が呈されていることに対して、政府当局は、新たな法案では捜査を開始するための要件として、対象とされた活動の実行が「計画」されるだけでなく、「準備行為」が行われることを要求していると強調しています。
 しかしながら、「計画」の具体的な定義について十分な説明がなく、「準備行為」は法案で禁止される行為の範囲を明確にするにはあまりにも曖昧な概念です。


 これに追加すべき懸念としては、そのような「計画」と「準備行動」の存在と範囲を立証するためには、論理的には、起訴された者に対して、起訴に先立ち相当程度の監視が行われることになると想定されます。
 このような監視の強化が予測されることから、プライバシーと監視に関する日本の法律に定められている保護及び救済の在り方が問題になります。

 NGO、特に国家安全保障に関する機密性の高い分野で活動するNGOの業務に及ぼす法律の潜在的影響についても懸念されています。政府は、法律の適用がこの分野に影響を及ぼすことがないと繰り返しているようです。
 しかし、「組織的犯罪集団」の定義の曖昧さが、例えば国益に反する活動を行っていると考えられるNGOに対する監視などを正当化する口実を作り出す可能性があるとも言われています。


 最後に、法律原案の起草に関する透明性の欠如と、今月中に法案を採択させようとする政府の圧力によって、十分な国民的議論の促進が損なわれているということが報告で強調されています。


 提案された法案は、広範な適用がされる可能性があることから、現状で、また他の法律と組み合わせてプライバシーに関する権利およびその他の基本的な国民の自由の行使に影響を及ぼすという深刻な懸念が示されています。
 とりわけ私は、何が「計画」や「準備行為」を構成するのかという点について曖昧な定義になっていること、および法案別表は明らかにテロリズムや組織犯罪とは無関係な過度に広範な犯罪を含んでいるために法が恣意的に適用される危険を懸念します。


 法的明確性の原則は、刑事的責任が法律の明確かつ正確な規定により限定されなければならないことを求め、もって何が法律で禁止される行為なのかについて合理的に認識できるようにし、不必要に禁止される行為の範囲が広がらないようにしています。現在の「共謀罪法案」は、抽象的かつ主観的な概念が極めて広く解釈され、法的な不透明性をもたらすことから、この原則に適合しているようには見えません。


 プライバシーに関する権利は、この法律の幅広い適用の可能性によって特に影響を受けるように見えます。更なる懸念は、法案を押し通すために早められているとされる立法過程が、人権に悪影響を及ぼす可能性がある点です。立法が急がれることで、この重要な問題についての広範な国民的議論を不当に制限することになります。
 マンデートは、特にプライバシー関連の保護と救済につき、以下の5点に着目します。


1 現時点の法案の分析によれば、新法に抵触する行為の存在を明らかにするためには監視を増強することになる中にあって、適切なプライバシー保護策を新たに導入する具体的条文や規定が新法やこれに付随する措置にはないと考えられます。


2 公開されている情報の範囲では、監視に対する事前の令状主義を強化することも何ら予定されていないようです。


3 国家安全保障を目的として行われる監視活動の実施を事前に許可するための独立した第三者機関を法令に基づき設置することも想定されていないようです。このような重要なチェック機関を設立するかどうかは、監視活動を実施する個別の機関の裁量に委ねられることになると思われます。


4 更に、捜査当局や安全保障機関、諜報機関の活動の監督について懸念があります。すなわちこれらの機関の活動が適法であるか、または必要でも相当でもない手段によりプライバシーに関する権利を侵害する程度についての監督です。この懸念の中には、警察がGPS捜査や電子機器の使用の監視などの捜査のために監視の許可を求めてきた際の裁判所による監督と検証の質という問題が含まれます。


5 嫌疑のかかっている個人の情報を捜索するための令状を警察が求める広範な機会を与えることになることから、新法の適用はプライバシーに関する権利に悪影響を及ぼすことが特に懸念されます。入手した情報によると、日本の裁判所はこれまで極めて容易に令状を発付するようです。2015年に行われた通信傍受令状請求のほとんどが認められたようです(数字によれば、却下された令状請求はわずか3%以下に留まります。)


 私は、提案されている法改正及びその潜在的な日本におけるプライバシーに関する権利への影響に関する情報の正確性について早まった判断をするつもりはありません。ただ、閣下の政府に対しては、日本が1978年に批准した自由権規約(ICCPR)17条1項によって保障されているプライバシーに関する権利に関して国家が負っている義務を指摘させてください。
 自由権規約第17条第1項は、とりわけ個人のプライバシーと通信に関する恣意的または違法な干渉から保護される権利を認め、誰もがそのような干渉から保護される権利を有することを規定しています。
 さらに、国連総会決議A/RES/71/199も指摘いたします。そこでは「公共の安全に関する懸念は、機密情報の収集と保護を正当化するかもしれないが、国家は、国際人権法に基づいて負う義務の完全な履行を確保しなければならない」とされています。


 人権理事会から与えられた権限のもと、私は担当事件の全てについて事実を解明する職責を有しております。つきましては、以下の諸点につき回答いただけますと幸いです。


1.上記の各主張の正確性に関して、追加情報および/または見解をお聞かせください。


2.「組織犯罪の処罰及び犯罪収入の管理に関する法律」の改正法案の審議状況について情報を提供して下さい。


3.国際人権法の規範および基準と法案との整合性に関して情報を提供してください。


4.法案の審議に関して公的な意見参加の機会について、市民社会の代表者が法案を検討し意見を述べる機会があるかどうかを含め、その詳細を提供してください。


 要請があれば、国際法秩序と適合するように、日本の現在審議中の法案及びその他の既存の法律を改善するために、日本政府を支援するための専門知識と助言を提供することを慎んでお請け致します。


 最後に、法案に関して既に立法過程が相当進んでいることに照らして、これは即時の公衆の注意を必要とする事項だと考えます。したがって、閣下の政府に対し、この書簡が一般に公開され、プライバシーに関する権利の特別報告者のマンデートのウェブサイトに掲載されること、また私の懸念を説明し、問題となっている点を明らかにするために閣下の政府と連絡を取ってきたことを明らかにするプレスリリースを準備していますことをお知らせいたします。


 閣下の政府の回答も、上記ウェブサイトに掲載され、人権理事会の検討のために提出される報告書に掲載いたします。


閣下に最大の敬意を表します。


ジョセフ・ケナタッチ
プライバシーに関する権利の特別報告者



【関連記事】

共謀罪を反対する方法 「共謀罪」23日の本会議で通過を図る考え 議員にFAXして反対しましょう
http://mlulm.blog.fc2.com/blog-entry-641.html

左サイドMenu

民営化で外資に乗っ取られる




検索

<< 全タイトルを表示 >>

最新記事

プロフィール

ゆゆ

Author:ゆゆ
下書き的な文章が多いです。
後々書きかえている場合があります。

QRコード

QR

☆☆☆

右サイドメニュー

気になる話題

種子法廃止が衆院通過!反対しましょう。(2017/3/23)
「主要農作物種子法を廃止する法律案」
http://mlulm.blog.fc2.com/blog-entry-624.html

【改悪のためのスピン報道(森友、韓国、北朝鮮)】
・米国との二国間交渉、TPP、RCEP
・#ヤバすぎる緊急事態条項
・テロ等準備罪(共謀罪)
・水道法改正(水道法の一部を改正する法律案)→水道民営化
・種子法廃止(農産物主要種子法)成立(2017.4.14)
・生乳流通改革
・働き方改革
・民泊とライドシェアビジネスの規制緩和法案
・保育所でも国旗国歌 新指針公表、押し付け懸念も厚労省 
・家庭教育支援法
・怖ろしい「親子断絶防止法案」
・医療ビッグデータ法
・介護保険法改正案与党が採決強行
・JAS法
・官民連携推進法
・農業競争力強化支援法案
・漁業権開放

【拡散希望】 「東アジア地域包括的経済連携(RCEP、アールセップ)」はTPPと同じ秘密交渉 種子がモンサントなどに独占される危険 農家が罰せられの生産コスト増加で食の安全が崩壊 RCEPの懸念 安価なジェネリック薬の締め出し 薬の高騰の懸念
http://mlulm.blog.fc2.com/blog-entry-628.html
【種子法廃止 食料主権に逆行の危険】
「農作物の多くの基本特許がこれらの多国籍企業に握られている。日本の稲や麦、大豆の種子生産が多国籍企業に牛耳られては、食料安全保障を危うくすることに加え、遺伝子組み換えのない安全で安心な食料生産ができなくなる恐れがある」
https://www.agrinews.co.jp/p40056.html

日米首脳会談で二国間貿易
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170127-OYT1T50181.html

【ナチス政権と共謀罪】
「共謀罪」政府案、676の罪が対象 国会に法案提出へ 
http://www.asahi.com/articles/ASK1666B3K16UTIL053.html 
 
犯罪者に情報ダダ漏れ恐怖のマイナンバー制度
【マイナンバー情報悪用 女性狙い逮捕 東京・中野区の元臨時職員】
「マイナンバーカードに関する業務を担当していた。いずれの期間も区の情報システムで個人情報を閲覧するためのIDとパスワードを与えられていた」
http://mainichi.jp/articles/20170112/k00/00m/040/047000c#csidxdaadf48d340746e93e4d8df0a056fac」
マイナンバー制度反対連絡会
https://www.facebook.com/no.mynumber/ マイナンバーはいらない
http://www.bango-iranai.net/library/libraryList.php
中野区へのご意見・ご要望
→http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/opinions/index.html

【仏で放射性廃棄物の最終処分方法が決まってないのはコンクリの耐久性の年数が50 ~60年と短いからなのに今の政権おかしい】
「原発解体で出る金属などの再利用基準は放射性セシウム濃度が1キロ当たり100ベクレル以下(クリアランスレベル)の一方、8000ベクレルを超えると特別な処理が必要な「指定廃棄物」になることなどを考慮し、汚染土の再利用基準を検討。6月、8000ベクレルを上限に、道路の盛り土などに使いコンクリートで覆うなどの管理をしながら再利用する方針を決めた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000007-mai-sctch
最終処分場計画で苦悩するフランスに重なる明日の日本
http://mainichi.jp/articles/20150507/mog/00m/030/009000c

【英国にも嫌われているEUと交渉するなんて】 
日欧EPA、年内合意断念=チーズ、自動車で溝―年明け再交渉 
http://sp.m.jiji.com/generalnews/article/genre/economy/id/1748303 
(※EUのバックはシオニスト) 
 
【自由貿易推進の嘘つきトランプ TPPも2国間協定(FTA、EPA)も自由貿易】 
トランプ氏、就任初日にTPP離脱へ 「代わりに2国間協定を交渉」 
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112200141&g=int 
「TPP(環太平洋経済連携協定)についてトランプ氏は「全体のアイデアには反対していない」 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000087482.html 
トランプのTPP反対は嘘。TPP反対とか言いながら自由貿易推進。  
 TPP、漂流へ=「日米FTA」の可能性-トランプ氏離脱宣言
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112200399&g=use

【反日安倍政治 反日国に日本の情報を流す】
軍事情報協定を閣議決定=23日にもソウルで署名-日韓
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112200068&g=prk

【山本農水相、談合摘発企業から690万円献金】 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00006761-sbunshun-pol

【9条改正よりヤバい緊急事態条項の議論がおこなわれる】
「中谷氏は改憲項目について、良好な環境を保障する「環境権」や大規模災害時などに首相の権限を強化する「緊急事態条項」が候補になるとの認識を示した。衆院憲法審査会は、10日に1年5か月ぶりとなる実質的な議論を行う予定だ」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161103-OYT1T50130.html?from=ycont_navr_os

山本農水相「首になりかけた」=また軽口、菅長官が注意 
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110100942&g=pol

【原発、原爆推進のCSIS(ジャパンハンドラー)の手先の安倍自民党政権は原爆推進の本性を現す】
「アメリカやロシアなど核保有国や同盟国の多くは反対。唯一の被爆国として核廃絶を訴えながらもアメリカの核の傘に依存する日本は、これまでの採決では棄権してきたが、今回、初めて反対票に投じた。」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161028-00000061-ann-int

売国政策のTPP承認案と関連法案、きょう審議入り
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2891524.html

ユダイスラエルとユダメリカの会談
http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?both=T&ieid=en&oeid=ja&url=http%3A%2F%2Fwww.haaretz.com%2Fisrael-news%2F1.743523

【テロ国家シオニストユダヤのイスラエル「イスラエルの核は2百発」】
「米国のパウエル元国務長官が昨年3月に知人宛てに送ったメールの中で、イスラエルが200発の核弾頭を保有していることを示唆していたと報じた。 パウエル氏は、イランの核問題について語る中で「イランのやつらは、イスラエルが200発持っていて、それがすべてテヘラン(イラン)に向けられていることを知っている」と書いていた」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160917-OYT1T50053.html

【アベノミクスの正体】
安倍政権が、①年金運用損公表を参院選後まで先延ばししたこと、②人権を抑圧し軍創設を謳う自民党憲法案について選挙で全く触れないこと、③原発やTPPなどの争点を隠ぺいし都合の良い数字だけ並べ立てていること、④メディアを委縮させていること、こうした事実をできるだけ拡散していただきたい
https://twitter.com/ozawa_jimusho/status/749822836475174912

【舛添氏に続きまたまた自民党が問題を起こす】
・麻生財務相「いつまで生きているつもり」 北海道の会合で発言
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160618-00000032-jnn-pol
・富山市議会の自民会長、女性記者押し倒しメモ奪った
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000057-nksports-pol
・<公選法抵触の恐れ>自民・冨樫議員、祭りで酒贈る 秋田
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160618-00000068-mai-soci

TPP合意、2月に調印
http://jp.sputniknews.com/business/20151229/1383169.html

【ナチス自民党は共謀罪が好き】自民党内から「共謀罪」創設のための法整備必要との声
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151117-00000719-fnn-pol
「共謀罪は論外」=民主幹事長「過去3度廃案になった共謀罪はとんでもない話で論外だ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000110-jij-pol

安倍首相が安保の次は「改憲を争点にする」と宣言! 自民党が目論む「緊急事態条項の新設」は9条改正よりヤバい
http://lite-ra.com/2015/09/post-1531.html

ウィキリークス、「TPP条文案」文書を公開
http://www.asahi.com/articles/ASHBB2TQRHBBUHBI00K.html
「妥協案は、参加国の事情によって都合良く説明できる内容になっており、各国で説明が食い違う理由となっている。」
https://twitter.com/TOKYO_DEMOCRACY/status/652725033190580224

【9.4兆円年金が消えた】
GPIFマイナス運用か 7~9月、世界株安響く
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO92283100Q5A930C1EN2000/
運用損は9.4兆円

「安保法制与野党大もめニュースの裏で「医療法の一部を改正する法律案」が超スピード可決!外国人医師のクリニック開業に補助金、外資法人の病院経営、etc.日本国内で株式会社病院経営(外資投資家の要求)ついに実現(><)。沈みゆく大国アメリカに書いた懸念がこんなに早く現実になった(怒)」
https://twitter.com/TsutsumiMika/status/644309431379865600

「防衛装備庁」を10月1日に発足させることを決定

シティバンクがマイナンバーを要求 http://www.citibank.co.jp/news/2015/news_090415_01.html これで個人情報が漏れたら、シティバンクは損害を賠償してくれるのでしょうか?

「盗聴法」  改正がヤバい! 盗聴対象の拡大であなたも警察に盗聴され弱みを握られる
http://t.co/o46Gm2iw5x

【日本弁護士連合会による請願署名】
集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を撤回し関連法律の改正等を行わないことを強く求める請願署名のお願い(締切:2015年 8月31日(月))
http://t.co/cLgFkS9anZ

【TPP交渉差止・違憲訴訟の会】
ご希望の方は原告になることができます。
http://tpphantai.com/

<TPA法案>成立へ米上院動議可決 TPP交渉合意後押し
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6164631
日本が植民地になるTPP

【戦争へまた一歩進む安倍政権】
【どんどん戦争国家へ】 「文官統制」廃止閣議決定 防衛省設置法改正案、議論なく
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015030602000255.html



集団的自衛権行使 明確基準なく法制化
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015030602000147.html

「政府の十分な説明もなく、国民的議論もないままに文官統制を実質無にする案にぼうぜんとする。大胆な恐るべき改悪だ。このまま法律が変われば、文官は軍事的分野に立ち入れなくなり、制服組優位が実質化してしまう」 http://t.co/chI7GeUvDX


安倍政権はマイナンバー法で預金封鎖する?
【預金封鎖への最善の対処方法】
・小銭を貯める(五百円玉貯金)
・家はどうなるのか?家は財産税の対象だ。当時の最高税率は90パーセント。財産税を収められないと物納。つまり家を差し押さえられる。・自給の準備が必要
https://t.co/vVA4cOB2Hq

後藤健二氏「ジャーナリストは自己判断、自己責任」と発言
http://youtu.be/-Nr-rhH6nwQ
後藤はジャーナリストは自己責任と言っている。自己責任なら法律変える必要ない。自衛隊も海外に派遣する必要もない。

【愚民化政策 人間のIQを下げるもっとも効果的な方法】
TVのテロップとか字幕がわずかな時間で思考能力を奪う。TVを見るとアホになる
pic.twitter.com/VQ6ORLgRCR

アメリカよ、目覚めよ! ~ワクチン強制、隔離収容、尋問(家宅捜査)、「汚染除去」~
http://ja.naturalnews.com/jabuzz_buzz000013.html

【シリアのアサドとEUとイスラム国(#ISIL、ISIS)は石油つながり】
「2013年4月、EUは「反乱勢力が支配する地区から出る石油で反乱勢力に資金を与える為」、シリアに対する禁輸措置を解除した」
http://t.co/mL1Xepmotx

イスラム国の原油を買っているのは「アサド政権」だった!〈週刊新潮〉
http://www.gruri.jp/article/2015/02050930/

西川農水相が収賄罪で逮捕されていた!

「プーチンを支援しているドイツ銀行とドレスナー銀行とのつながりです。この二つの銀行は、ドイツの三大銀行で、ロスチャイルド系の銀行です」
http://www.kanekashi.com/blog/2015/01/3595.html

【米国=イスラエル諜報特務庁=モサド=ISIS=英国=ユダヤ】
「「モサド」という言葉はヘブライ語で組織・施設・機関を意味する「モサッド」から
イスラエルでも「ハ-モサッド(המוסד)」と呼ぶ
英語では「ISIS」(Israel secret intelligence service)
イスラエル諜報特務庁の組織的源
1つはイギリス委任統治領パレスチナのイシューブ(ユダヤ人社会)の政府的機構であったユダヤ機関外交及び諜報部の政治局
2つ目は1940年に創設されたハガナー情報局の英国課である」


ジョン・マケイン イスラム国といつも連絡を取っている?首チョンパ詐欺?
http://youtu.be/_nwfBQFzlpo

【イスラム国(ISIL)とはグラディオ作戦】
「狙った敵を悪魔のように見せかけ、大衆を怯えさせて、政府指導者と仲間のエリート主義者達の、強化しつづける権力を支持させるようし向ける…NATOとワシントンによって率いられる政治的抑圧と操作の手段へ」


【NATOはアメリカ主導のテロ組織】
http://youtu.be/1WWZXOS0xnU

US helped Israel with H-bomb - 1980s report declassified
http://rt.com/usa/232203-us-israel-nuclear-weapon/

​ISIS in Iraq stinks of CIA/NATO ‘dirty war’ op
http://rt.com/op-edge/168064-isis-terrorism-usa-cia-war/

米CIA、米軍=ISIS(イスラム国、ISIL)=NATO
【米国(CIA、米軍)=イスラエル諜報特務庁=モサド=ISIS=英国=ユダヤ=NATO】
(ISIS、イスラム国、ISIL、過激派組織IS)

【シオニストの仲間たち】
キリスト教原理主義=白人至上主義(優生思想)=ネオコン(詐欺師、前科者の別称、新自由主義)=極右(ナチス)=ブッシュ=マラーノ(隠れユダヤ、改宗ユダヤ)=偽ユダヤ(シオニスト、悪魔崇拝者)=CIA、CSIS=サバタイ派マフィア=金融マフィア=軍需マフィア=戦争法案=統一教会系勝共連合=自民党清和会=日本会議(ネオナチ)